車の査定を高くする方法

車を高く売るために!

車の査定

車を売りたいという場合は、少しでも高い値段で売れた方が絶対にお得ですよね。ここでは、車を高く売る方法についていくつか教えていきたいとおもいます。

複数の業者に査定してもらう

まず一つ目は、車を高く売りたいのであれば、車の査定をひとつの会社だけに依頼することは絶対に避けた方が良いです。査定額は時期だけではなく業者によっても様々なので、普通に10万円以上の差が出る場合もあります。しかし、実際に複数の業者に見積りを依頼するのは手間がかかります。そのためには、ネットにある無料のの一括査定サイトを活用すると便利です。この一括サイトを利用すれば、同じ内容を何度も書かずに済み、手軽に見積りをいろいろな業者に依頼する事が出来ます。依頼すると、それぞれの業者から入力された情報を元に、査定額が伝えられます。それらを比較すれば、どこの業者に売ると高く売ることが出来るのかが簡単に分かります。平均でも10万円以上、場合によっては60万円以上も高くなった場合もあるのです。

良い印象を与える工夫

車の査定前に

ただし、この方法では簡易査定で、実物を見た査定額はどうなるかは完璧に決まったわけではありません。そのために、実際に査定を行う場合は、査定してもらう車を洗車して綺麗にしておくなどをしておけば査定額が少し上がることなどがあるのでぜひやっておいたほうがいいです。車を売る時は、少しでも良い印象を与えることによっても査定額に影響を与えます。車を売る際に、一括査定を使うと高く、手間が少なく比較できる事はわかったと思いますが、しかし、ここで問題点があります。


更に一工夫して査定額アップ

車の査定

それは、どこの一括査定サイトを使ったら良いのか?という事と、果たして一括査定サイトを使うだけで本当に高く売れるのかという疑問です。実を言うと、一括査定サイトを使うだけでは、高く売れません。一括査定サイトで査定金額を出して来るのは、お住まいの地域にもよりますが1サイトで3〜6社くらい。この中に、ガリバーやアップルやカーセブン、高額査定を出すカーチス、関西であればハナテンなど業界を引っ張る業者が3社程度入っていなければ競争が起きないのです。一括査定サイトは3サイトは必ず使ったほうがいいです。これは、同じ一括査定サイトに加盟している業者は、普段から手の内がわかっているので競争が起きずらいからです。例えば、カーセンサーに所属している業者は普段からその中でしか競争していません。それを、他の一括査定サイトと一緒に使う事で、新たな競争が生まれ、最高額を手にする事が出来るのです。時間にして、車検証の用意と大まかな走行距離がわかっていれば、入力時間は10分程度で3サイトの入力が出来ます。10分程度の入力の手間で、最高額を手に出来るなんて凄いと思いませんか?

付属品もしっかり準備しておく

ほかの車を高く売るためのコツとしては、車の査定をする際に、付属品の書類をしっかりと準備しておくことです。取扱説明書や保証書類も持参すると、次のユーザーが安心して利用できるので、中古車売却時にプラスポイントにつながります。次に乗る人のことを考えることが車を高く売るために必要な心です。さらに高く売るためには車のアピールポイントをしっかりと持っておくことも大切になってきます。エアロパーツやアルミホイール、ナビやオーディオなど社外品オプションもプラスのポイントになりますし、また目につくところだけでなく、「禁煙車」「ブレーキパットを替えたばかり」「ずっとシートカバーをつけたまま」などなど、あなたが気がついていないプラスポイントも沢山あるので、中古車査定を依頼される際には、事前にしっかり把握しアピールしましょう。以上今まで説明してきたことをしっかりと実践すれば、まず車を売却する際に失敗することはないでしょう。


更新履歴